低用量ピルの種類を比較している女性

低用量ピルは病院で処方してもらえます。しかし保険が適用されないので、病院によって値段は様々。さらに処方される低用量ピルの種類も様々となると、なんだか不安になりますね。ここではあなたの不安を少しでも解消出来る様、情報記事を更新していきます。

2017年01月の記事一覧

低用量ピルは計算通りの生理や若年性更年期障害を改善

女性が服用する避妊薬として、世界中で広く知られている低用量ピルは、望まない妊娠を防ぐという働き以外にも、様々な効能があるといわれており、女性の心と身体を整え、女性の日常生活の質を格段に向上させてくれる、素晴らしい医薬品なのです。女性には毎月、生理という習慣がありますが、この生理にはかなり個人差もあるといわれていますが、何かしらの不具合を抱えている女性はとても多く、それ故、生理期間のことをブルーディとも揶揄されているのです。ひどい生理痛に悩まされ、薬が手放せなかったり、寝込んでしまう方も多く、これが生理前から続く方もいらっしゃいます。大量の経血が出るので、ひどい貧血状態となってしまう方、頻繁に何度もトイレに駆け込み、生理用品を取り変えなければならない方も多く、これでは日常生活にもかなりの支障をきたしてしまいます。また、生理不順に悩まされている方も多く、いつ生理が始まるか計算できないので、予定が立てにくいという方、こういったトラブルもすべて、低用量ピルを服用するようになると解決させることができます。毎月カレンダーのように生理がやってくるので、大切な予定と生理がドッキングしないようにでき、いつでも万全の体制で挑めます。ピル服用中の生理は、本当に軽くなるので、生理痛や月経前症候群も緩和され、経血量もほんの少しで拍子抜けするくらい楽になります。また、低用量ピルは、最近多い、若年性更年期障害の治療にも用いられており、ホルモンバランスを正常に整える作用が働くので、辛い症状を抑えることが出来ます。近年はストレス社会とも言われるようになっていますが、ストレスから、40代以前で更年期のような症状に苦しめられたりするケースも増えているようです。

続きを読む