低用量ピルの種類を比較している女性

低用量ピルは病院で処方してもらえます。しかし保険が適用されないので、病院によって値段は様々。さらに処方される低用量ピルの種類も様々となると、なんだか不安になりますね。ここではあなたの不安を少しでも解消出来る様、情報記事を更新していきます。

黄体機能不全や原発性無月経には低用量ピルが効果的

一般的な月経のサイクルは、25~38日周期ですが、39日~3ヶ月と長い間隔があくような稀発月経や、24日以内と短い間隔でおこる頻発月経、18歳をすぎても初潮が起こらない原発性無月経、検査によって異常がわかる器質性月経困難症、更年期障害など、月経周期の異常にはさまざまなタイプがあります。
稀発月経は、思春期や高プロラクチン血症、黄体機能不全、甲状腺疾患、激しいスポーツやストレス、精神疾患、更年期などが原因と考えられています。
原因によって治療は異なりますが、無理なダイエットや激しい運動を控えたり、漢方薬や低用量ピルを使用する場合もあります。
長い期間月経を起こさないことで、子宮内膜が体内に長くとどまってしまい、癌化のリスクが高くなってしまいますから、早めに婦人科を受診した方がよいでしょう。
頻発月経は、通常の月経サイクルよりも、極端に短いため、排卵をしていないか、子宮筋腫、子宮ガンなども考慮する必要があります。
原発性無月経は、子宮や卵巣、膣の異常によるものや、性ホルモン分泌異常によるもの、染色体異常によるものなどが考えられます。
更年期障害は、閉経を挟んで前後10年くらいの時期を更年期といい、ほてりやのぼせ、イライラ、集中力の低下などのさまざまな症状が現れます。
女性ホルモンのバランスが乱れることで起こる場合が多いため、低用量ピルを使って治療することもあります。

低用量ピルは、これらの月経異常や月経困難症、更年期障害などの治療に有効な薬ですが、薬である以上もちろん100パーセント安全というわけではなく、副作用もあります。
中でも重篤な副作用が血栓症です。
一般的に、なにも服用していない人に比べて、低用量ピルを服用している人は、3~6倍血栓が増えるといわれています。
そのため、ピルを処方する場合には、副作用についての詳しい説明が、大変重要といえます。