低用量ピルの種類を比較している女性

低用量ピルは病院で処方してもらえます。しかし保険が適用されないので、病院によって値段は様々。さらに処方される低用量ピルの種類も様々となると、なんだか不安になりますね。ここではあなたの不安を少しでも解消出来る様、情報記事を更新していきます。

記事一覧

低用量ピルの歴史、1900年ごろはブタから抽出?

 

経口避妊薬(OC)として、子宮内膜症や生理不順、月経前緊張症(PMS)などの治療にも使用されている低用量ピルの歴史は、とても古いです。 1900年ごろから、ピルを製造開発する実験が繰り返されていました。 その頃はブタの卵巣から抽出されるホル

続きを読む

低用量ピルは生理前後の骨盤痛の緩和と生ビールの影響

 

女性が自らの意思だけで、確実に望まない妊娠を回避させることのできる避妊薬、として広く知られている低用量ピルには、妊娠を回避させるという効能以外にも、様々な効果が期待できるといわれており、日本女性ももっと積極的に服用をするべき薬なのです。女性

続きを読む

年齢によって低用量ピルの副作用ともいえる血液の病気

 

低用量ピルは正しい使い方をすることで高い避妊の効果や、子宮内膜症など子宮系の治療、月経前症候群の改善、ニキビの治療など女性の悩みの種を幅広く治療することのできる方法として有名です。低用量ピルには妊娠時に多く分泌される女性ホルモンでもあるプロ

続きを読む

低用量ピルは計算通りの生理や若年性更年期障害を改善

 

女性が服用する避妊薬として、世界中で広く知られている低用量ピルは、望まない妊娠を防ぐという働き以外にも、様々な効能があるといわれており、女性の心と身体を整え、女性の日常生活の質を格段に向上させてくれる、素晴らしい医薬品なのです。女性には毎月

続きを読む

低用量ピルと間隔と比較について

 

低用量ピルとは卵胞ホルモンと黄体ホルモンを合わせた混合薬のことであり、きちんと時期や間隔を守って服用することが大切です。生理開始時にピルを飲むことで体内に卵胞ホルモンと黄体ホルモンが増えるのですが、これによって脳が妊娠したと錯覚します。それ

続きを読む

低用量ピルは全世界で保険適用外なのか

 

低用量ピルは日本国内でも避妊目的に処方してもらう場合だと基本的に保険適用外になるため、それなりに思い負担が求められることになります。 また他国については状況が異なり、そもそも保険制度自体が日本と同じということはないために何とも言うことはでき

続きを読む

一度に低用量ピルと中用量ピル、どちらももらえる?

 

現在ピルとして主流になっているのは低用量ピルですが、低用量ピルが登場する以前にはもう少し女性ホルモンの含有量が多い中用量ピルが主流として使われていました。 この中用量ピルは副作用が強く出ることが多かったため、通常の避妊目的などで処方されるこ

続きを読む