低用量ピルの種類を比較している女性

低用量ピルは病院で処方してもらえます。しかし保険が適用されないので、病院によって値段は様々。さらに処方される低用量ピルの種類も様々となると、なんだか不安になりますね。ここではあなたの不安を少しでも解消出来る様、情報記事を更新していきます。

低用量ピルは全世界で保険適用外なのか

低用量ピルは日本国内でも避妊目的に処方してもらう場合だと基本的に保険適用外になるため、それなりに思い負担が求められることになります。
また他国については状況が異なり、そもそも保険制度自体が日本と同じということはないために何とも言うことはできません。
ただ日本のように「病気や怪我の治療のために健康保険制度を運用している」ということになると、他国でも同様に保険の適用外になる可能性が高いでしょう。
さて、しかしながら日本においても低用量ピルの処方が常に保険の適用外になるわけではありません。
と言うのも低用量ピルは避妊目的だけではなく、生理に関連する症状の治療に処方されることがあるからです。
そもそも低用量ピルはエストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンが主成分となっている薬であり、これを服用することで妊娠状態と同じホルモンバランスが擬似的に作り上げられることによって妊娠が出来ない状態になります。
この効果は生理のリズムをリセットするのにも使えますから、例えば生理痛がひどい人や生理不順の症状が出ている人にも処方されることがあるのです。
この場合は生理痛や生理不順といった症状の治療のために薬が処方されるために問題なく保険適用になります。
最初から避妊目的で処方して欲しいとクリニック側に伝えたのであればクリニック側に自由診療の対象として処方せざるを得ないでしょうが、こうした理由があるのならば保険適用処方にしてもらえる可能性があるわけです。
もちろん生理痛などの症状がないのに症状があると偽るのはだめですが、もしそうした症状があるようであればクリニック側にそのことを伝え、低用量ピルでの治療に取り組みたいと伝えれば処方を検討してもらえます。