低用量ピルの種類を比較している女性

低用量ピルは病院で処方してもらえます。しかし保険が適用されないので、病院によって値段は様々。さらに処方される低用量ピルの種類も様々となると、なんだか不安になりますね。ここではあなたの不安を少しでも解消出来る様、情報記事を更新していきます。

低用量ピルと間隔と比較について

低用量ピルとは卵胞ホルモンと黄体ホルモンを合わせた混合薬のことであり、きちんと時期や間隔を守って服用することが大切です。生理開始時にピルを飲むことで体内に卵胞ホルモンと黄体ホルモンが増えるのですが、これによって脳が妊娠したと錯覚します。それによって卵巣へのホルモン分泌指令を出なくなりますし、卵胞が育たなくなるので排卵が抑制されるという仕組みです。また、黄体ホルモンも抑制されるので子宮内膜が着床しにくくなりますし、子宮内膜の粘液が多くなって精子の侵入を防ぐことができるのです。低用量ピルというと避妊をするものだと考えている人も多いでしょう。しかし、低用量ピルには避妊だけでなく他にもさまざまな効果が得られるということです。ピルはホルモンバランスを整えるという作用があるため、生理に関する不快な症状を和らげる効果も期待できます。ちなみに、10代の女性は大人と比較してホルモンバランスが整っていないため、ニキビなどの不調が起こってしまうこともあります。低用量ピルにはニキビを改善する効果もあるため、避妊目的以外で処方してもらうのも良いでしょう。生理予定日が大事なイベントと重なってしまった場合、低用量ピルを服用することで生理を他の日にずらすこともできます。飲まない期間を短くすることで次の生理を早めることができるのですが、生理が始まってすぐに服用を開始するようにしましょう。生理を遅くする場合はシートを2つ用意する必要があり、最大で10日間生理を遅らせることができます。低用量ピルは中用量ピルと比較して副作用が起こりにくいとされています。しかし、全く副作用が起こらないわけではありませんし、正しい服用方法をしっかりと守ることが大切です。